000000
演劇人集団☆河童塾

[記事No.順] [ツリー式] [親記事一覧] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
*画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます
暗証キー (英数字で8文字以内)
題名の色
本文の色
新着スレッド - 最新20件
1: ワシントンの桜祭り (2) /  2: シマウマの溺死? (0) /  3: 生活の知恵 (0) /  4: 赤いボケの花 (0) /  5: 豊田市の河津桜 (0) /  6: 旭雅昭さんの新作 (0) /  7: 開花 (1) /  8: 生活の知恵 (0) /  9: 宇野マサシ個展 (0) /  10: 元同僚会 (0) /  11: 生活の知恵 (0) /  12: メジロ (0) /  13: 生活の知恵 (0) /  14: 生活の知恵 (0) /  15: 生活の知恵 (0) /  16: 睡眠不足・・ (0) /  17: 生活の知恵 (0) /  18: 老人ホーム (0) /  19: happy new year (1) /  20: 生活の知恵 (0) / 
[ スレッド一覧 ]

  ワシントンの桜祭り 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
アメリカの首都・ワシントン( ポトマック川沿い)では、100年ほど前に日本から送られた3,000本の桜が満開を迎えています。2回ほど訪れたことがありますが、1度目は一人旅(約半年近く)で、2度目は劇団の後輩を連れて満開の桜を見てきました。ワシントンでも最大の観光名所になっており、観光パンフにも大きく紹介されています。期間中150万人近くの人が訪れると言うことですが、意外と、海外に渡っても桜は桜なんだなと嬉しくなってしまいました。とくに 耐え忍ぶという日本人の感性には 厳しく長い冬を耐えて咲く桜の姿が なぜか心に響くものです。この種の感覚は 外国人には理解されにくいのかな?と思ってましたが、時折、巨木に見られる風雪や病害虫等によって酷く侵された幹に ふと足を止める人達、ああ どこの国の人たちも きっと感じることは同じなんだろうなと思いました。
それにしても スケール感 そしてポトマック川の深くて広いこと(対岸が遠い)、正直圧倒されましたが、桜はそれ以上に私達をやさしく包み込んでくれました。

... 2016/03/28(Mon) 00:06 No.4064  

ワシントンの桜につて(紹介) 投稿者:/  

以下、ネットより記事転載

ワシントンの桜は 明治の終わりごろに、アメリカのタフト大統領夫人の希望により、当時の尾崎行雄東京市長がプレゼントしたものです。
その送られた桜の苗木というのは、東京の荒川堤の五色桜を穂木にして、台木づくりは、実は伊丹市の北部荻野小学校校区、植木の産地東野村で育てられました。日米友好のシンボルとして100年近くの歳月を経て今も多くの人々に親しまれているこの桜のルーツは伊丹である。ということは伊丹市民にとって大きな誇りであり、この歴史的な事実について認識を深めそして世代を超えて語り継いでいきたいものです。  

■ワシントンの桜は伊丹東野産
 明治の終わり頃、アメリカでは来日経験のある学者や作家たちの間で、日本の桜を讃える声が相次いでいました。「アメリカの人たちにもあの美しい桜を見せたい。」当時の大統領夫人もこれに賛同し、ついには日本政府も動き出しました。
  桜の寄贈を託された尾崎東京市長は早速、桜二千本をアメリカに贈りましたが、ワシントンに到着した頃には、おびただしい数の害虫が発生し、焼却を余儀なくされました。
 再び計画を進めるため、尾崎東京市長は農商務省の古在農学博士に、害虫に強い桜の苗木の調達を依頼しました。博士は当時、日本で一番有名な静岡県にある興津園芸試験場で接ぎ木という方法で、丈夫な苗木を育てる計画を打ち出しました。
 穂木は東京の荒川堤の桜並木から取り、そして、病気や害虫の少ない台木づくりは、植木の産地として高い園芸技術をもつ伊丹の東野村に託されました。
 そして東野村では、村中の人々の努力のかいあって丈夫な台木が作られ、明治43年(1910年)出荷されました。
 こうして興津園芸試験場で接ぎ木された苗木6,040本は、明治45年(1912年)、横浜港から出港され、無事アメリカに到着しました。一本も病気がない苗木に検査官も感嘆の声を上げたそうです。
 日米親善の証である桜はその後、多くの人々の熱意によって守られ、見事に成長していきました。
毎年ポトマック公園で行われる「桜まつり」では大統領夫人による植樹式や、さくら女王のパレードなどがあり、大勢の人たちでにぎわっています。今や桜はワシントン市民にとって、なくてはならない存在となったのです。

■ハナミズキの返礼と里帰り桜
 日米親善の交流はさらに続きます。大正四年(一九一五年)アメリカ側から感謝のしるしとして、ハナミズキが日本に届けられました。花ことばは「返礼」と言われるハナミズキは、アメリカでは最も愛される木のひとつです。

... 2016/03/28(Mon) 00:27 No.4065  

春休みのお花見 投稿者:katoh  

週末は 昭和の森で、おふくろと森林浴、おにぎりなどを用意して、いつものお池のベンチでお食事、大きな鯉がいるので持参した金魚の餌を、浮く餌はなぜか気がつかずに鯉たちは水面下で右往左往してました。バナナを食べるようです。意外でした。
緑化センターのユキヤナギ,素晴らしかったです。第2駐車場?定かではありませんが(昭和の森からの帰路にある)、そこに停めて陸橋を渡って降りた所が日本庭園でした。なぜもっと早く気がつかなかったのか?
本館は 車椅子だとちょっと辛いものがあります。実は、職業病なのか?運転のし過ぎなのか?靴がずっと合わなかったのか?足の裏の痺れが気になっています(原因不明)。体重も 3〜4kg増えました、現在58kg(個人的には人生最大値!でもこれ理想値かも?)

●奥山田のしだれ桜
はじめて岡崎市奥山田にあるしだれ桜を見てきました。こちらは是非、何気にブラッと観に行ってください。お薦めです。
 根尾谷の薄墨桜が有名ですが(実は行ったことはありません)、それに近いような印象を持ちました。余り人には教えたくないという気持にもなりました。それほどひっそりと力強く咲いていました・・

車で行く場合:ナビ用住所=愛知県岡崎市奥山田町屋下28(豊田市に近いです)
交通機関:名鉄バス北斗台団地経由は「3号公園前」下車、徒歩5分

... 2016/03/28(Mon) 01:38 No.4066  


  シマウマの溺死? 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
瀬戸の移動動物園で飼われていたシマウマが調教に出された乗馬クラブから近くのゴルフ場に逃走。
可哀そうにも麻酔銃で撃たれ池の中で溺死、なぜもっと気の利いた専門家が付き添わなかったのかとても残念に思いました。
きっと乗馬クラブに出して人が乗れるようなシマウマにしたかった?のかも知れませんが、シマウマはとても臆病で警戒心も強く乗馬は無理なような気がします。
馬の場合は 4000年の歳月を経て農耕や乗馬馬へと進化させることが出来た、しかも(生物の授業で取り上げることもありますが)馬の蹄(ひずめ)は中指だけが巨大に進化して(他の指は退化)現在の競走馬となった、進化って凄いなと思ってしまいます。

余談、よくクイズでも出題されますが「シマウマの地肌はやはり縞模様なのか?」、答えはイエス。 地肌も一般的に縞模様になっています。縞模様は外敵などから見ると樹木の枝のように見えるようです。

... 2016/03/24(Thu) 11:15 No.4063  


  生活の知恵 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
@ 運動靴の頑固な汚れを楽に落とすには?
汚れた運動靴をビニール袋に入れ、ぬるま湯に洗剤を入れて20分ほど置いた後、ブラシで軽くこすると、汚れが楽に落ちる。

A ジーンズのひざが伸びきってしまったら?
ジーンズのひざの部分が伸びきって出てしまったら、その部分を内側も外側も焼酎で十分にぬらしてからスチームアイロンをかけると、焼酎のエタノール成分で繊維が柔らかくなり、伸縮性がよくなる。

B お菓子の乾燥剤を除湿剤に?
ノリやお菓子などの袋に入っている乾燥剤を取っておき、引き出し・靴箱・カメラ・ノートブックパソコン用バッグ・釣り道具箱・乾物の袋などに入れると、湿気を取るのに効果がある。

C まだ食べごろでないバナナは?
まだ少し青くて食べごろでないバナナは、リンゴと一緒にビニール袋に入れておくと、早く食べごろになる。リンゴから発生するエチレンがバナナの熟成を促す。 (ただしバナナを長持ちさせたいときは逆効果)

D メガネふきでお風呂場の鏡をきれいに?
お風呂場の鏡・シャワー・水道の蛇口などをふく時は、メガネふきを使うと汚れが落ちやすく、鏡や金属の表面のツヤも出る。

E 化粧用スポンジを洗うにはクレンジングフォーム?
ぬるま湯とクレンジングフォームを入れたビニール袋に化粧用スポンジ(パフ)をいくつか入れ、外から手でもむときれいになる。

F 白いシンク(流し台)に色が付いてしまったら?
白いシンクにキムチの汁やカレーなどの色が付いてしまったら、重曹か、または重曹と台所用洗剤を1対1で混ぜたものをかけてから

... 2016/03/21(Mon) 11:44 No.4062  


  赤いボケの花 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
 春休みなので母親を車に乗せてあちこちドライブしています。よく出かける所は 随所にあるホームセンターと 三好にあるリサイクルショップ「キンブル」、食材の買出しで「Felna(フェルナ)」や 農協、今日は「美貴フラワーセンター」へ・・。金魚も売っているので覗いてみましたが、昨年からの売れ残りばかりでちょっと残念でした、20日前後に入荷予定とのことです。
 お花売り場で ユキヤナギの苗を200円で買ってきました。ほとんど枯れかかって安売りしている苗木を買ってくることが多いです。それを蘇えらせて大きく育てるのが好きです。他に ボケの盆栽が800円でありましたが 珍しい淡い白色の花をつけていました。幼少時代、実家の庭に咲いていて、人は生まれ育った風景や植物に回帰する傾向にあるのか?いつか身近な場所にボケを置いてみたいという憧れがありました。それともう一つ、名前は分かりませんが、ボタン雪のような真っ白なお花をいっぱいつける樹木、実は、その幼少以来、ほとんどお目にかかっていないような気がします(気がついていないだけかも知れませんが)。是非、見つけて入手してみたいです。
 現在、庭には 草花・樹木をあわせ 30種近くが植わっています。これからどんどんお花を咲かせて行くので、母親も私も楽しみにしています。

... 2016/03/18(Fri) 03:17 No.4060  


  豊田市の河津桜 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
加茂川沿いの河津桜をはじめて見て来ました。母親ももちろん初めてですが、おにぎりと暖かいお茶などを用意して出かけました。
加茂川は 加茂公園及びイ-オン(高橋)のすぐ裏手にありました。そんなに大きな木々ではありませんが(樹齢30年前後?)、暖かな陽射しと河津桜の鮮やかな淡いピンクに心癒されました。

帰路は 近くの“自然観察の森”を訪ねてきました。こちらは6〜7回目ですが何回来ても飽きません。何気にこんな施設が在るのは豊田市くらいではないかと思ってしまいます。(実は1983年 環境庁が「自然観察の森」を全国に10ケ所整備することを発表 その一つに豊田市が選ばれました。最近では近くにある矢並湿地などがラムサール条約に登録されています。矢並湿地は「観察の森」主催で一度案内して貰ったことがあります)
他の公共施設(鞍ケ池の記念館など)もそうですが、外観のデザインも含め 内装のつくりや配置がとても考えられていて居心地の良さを感じてしまいます。豊田市は 環境にやさしい街といった印象がします。

母親の体調もよさそうだったので“観察の森”では手押し車で裏手にある木道を歩いて貰いました。日々忙しく生活してる人には癒し満載の施設です。暇なときに是非一度訪ねてみて下さい。自然観察などイベントも多く、個人的にはバスエコツアーによる藤前干潟や まだ行ったことのない市内の上高湿地(ラムサール条約登録)の観察会に参加してみたいです。参加費は500円となっていました。バスを使わないときは100円です。(お得です)

... 2016/03/17(Thu) 00:05 No.4059  


  旭雅昭さんの新作 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
友人の旭さんから連絡が入りました。やっと本が出来たから豊田市の図書館に置かせてもらえないかと言う事でした。3作目ですが、前回は、詩集(内容は日々の重く暗い己の生き様を通して見えてくる心情や本質(宇宙など)を描いた心に染み入る哲学的な詩集)でしたが、今回は、検索で調べてみると、好評だった1作目に続く絵本のようであります。

以下検索内容

「耳としっぽとおひげ」
旭 雅昭

出版社名 : 文芸社
発売予定日 : 2016年4月上旬
予約締切日 : 2016年3月21日
予定税込価格 : 1,296円
出荷の目安 : 予約受付中

おすすめコメント:
むすめさんの名前は「こんこん」といいます。こんこんは「耳としっぽとおひげ」をもった、むすめさんです。いつもは、その3つをかくして暮らしていますが、めずらしい「しゃち」を見た時に、ついうっとり、うっかりして、みんなにみつかってしまいました。さあ、たいへん。しかし、そんなこんこんのうわさを聞きつけて、会いにきた人たちがいたのです――。

... 2016/03/16(Wed) 13:01 No.4058  


  開花 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
先月 鉢植えした姫コブシ(ピンク)がもう開花を始めた。どうしてこんな名前がつけられたのか気になってましたが 開花してなんとなく由来が分かったような・・
きっと開花したときの花弁の様子が やや節くれだった指のように波打っているからかな?定かではありませんが・・
でも少し格好悪いけどそれが個性なんだと自ら誇っているような咲きっぷりが可愛い・・・
今年の冬は 個人的にもとても厳しい冬でしたが、そんな中で すでに紫陽花が大きな新芽(5〜6cm)をつけていたのには驚きました。
又、去年咲かなかった桜の幼木がやっと花芽をつけたようです。昨年 なんとか花芽の栄養を運ぶ葉が早く落ちないように水遣りなど頑張った甲斐がありました。
そのときに見つけた巨大なカブトムシの幼虫、元気かな?普通の幼虫の2倍近くありました。スイカのヘタを肥料代わりに置いてたので、そこに集まったカブトムシが産卵したのかも知れません。
カナブンの幼虫はウジャウジャ!土を堀起こすときはとても気をつかいます。
お気に入りの花桃(しだれ桃源平)の鉢は 庭の真ん中に置きました。母親がお花が好きなので、昨日は西山公園、個人的にコイの餌を忍ばせて行って来ました。前日は松平郷、季節を外すとちょっとガッカリかな・・。母親は平芝公園がお気に入りのようです。
とにかく自然は癒されます。

... 2016/03/13(Sun) 16:04 No.4056  

Re:名前の由来 投稿者:katoh  

 コブシの名前の由来が分かりました。西山公園の事務所で頂いてきた小冊子「樹木ガイド100」によりますと、実の形が握りこぶしのようであることから、この名がついた、と記してありました。

 現在、庭のコブシの花弁は、無残にもほとんどヒヨドリとメジロに食い千切られてしまいましたが、このあと何とか実はつけてくれそうです。楽しみです。

コブシの詳細:
モクレン科 落葉樹 高さ7〜8m
葉に先がけてまっ白な花を枝いっぱいにつけ、春の訪れを知らせてくれる。北国ではタネマキザクラ、タウチザクラなどと呼んで農作業開始の目安にしている。(「樹木ガイド」より)

そういえば 千昌夫の「北国の春」という歌詞のなかにコブシが出てきますよね・・
「コブシ咲く、あの北国の、ああ北国の春・・」
老人ホーム(デイサービス)の爺ちゃん婆ちゃんたちがカラオケ大会でこの歌をホントに懐かしそうに歌ってました。大好きなんだなぁと思いました。

... 2016/03/15(Tue) 10:32 No.4057  


  生活の知恵 投稿者:向上委員会  
▲前 ▼次  
@ 冷えていない飲み物を早く冷やすには?
飲み物が入った室温状態の缶や瓶をぬれたティッシュで包み、冷凍庫に15分ほど入れておくと、そのまま入れるよりも10℃以上冷たくなる。

A トイレが詰まってしまった時は?
トイレが詰まり気味で水が流れにくい時は、シャンプーを5−10ミリリットルほど入れて約30分置いてから流すと流れやすくなる。

B ガムがくっついてしまったら?
髪の毛にガムがくっついてしまったら、ウェットティッシュにマヨネーズかムースを少し出し、ガムがくっついている部分を軽くこするとよく落ちる。

C 柔軟剤がない時は?
柔軟剤がない時は、リンスと水を1:5の割合でよく混ぜ、すすぎの段階で使うと、柔軟剤と同様の効果がある。

D 服に焼肉のにおいが付いてしまったら?
服に焼肉のにおいが付いてしまったら、クリーニング店でくれるビニールの上部に拳大の穴を開けて服にかぶせた後、ヘアドライヤーを下から入れて熱風を1−2分吹き込むと取れる。

E キーボードのすき間汚れを取り除くには?
コンピューターのキーボードのすき間にはほこりが入りやすい。使い終わった付せんの接着部分でキーボードの間をふくと、比較的簡単に汚れを取り除くことができる。

F ふきんの消臭・殺菌法?
ぬれたふきんには細菌が繁殖しやすい。重曹を大さじ1−2杯、酢2−3滴、卵の殻2個分を水に入れてふきんを10分ほど煮洗いすれば、消臭・殺菌・漂白に効果がある。

G すいとんをモチモチにするには?
すいとんや麺の生地(水+塩少々)をこねる前に、食用油やオリーブオイルを大さじ半分ぐらい入れると、こねる時に手に付きにくく、生地がモチモチになる。

... 2016/03/10(Thu) 20:04 No.4055  


  宇野マサシ個展 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
やっと3学期及び学年末の評定をつけ終えました。明日、成績会議の後、印刷した教科報告書と短冊を担任に提出し、3学期は終了です。

 今日のお昼、友人の個展を見てきました。残念ながら本人は居なかったのですが、昨年以上に洗練された作品が多く展示されていました。とくに絵筆の運びやタッチがとても魅力的に感じました。熟成されてきたという印象です。60号?サイズで100万円近くの値がついてましたが、彼の積み重ねてきた人生の重みや苦労を考えれば妥当の評価かなと思いました。
次回の個展は、奥さんの延子と一緒に豊田画廊で催されるようです。
延子さんの書のファンなのでとても楽しみです。

 宇野夫妻には 東京公演の度に 自宅へ招いてくれて飲み会や打上げ等をして頂きました。又、お客さんを集めてくれたり、唐十郎さんのテント芝居に劇団員を招待してくれたり(たぶん唐さんはいい顔をしてなかった) その打上げでキョンキョン(小泉今日子)が隣に座っていたのには驚きました。

... 2016/03/08(Tue) 01:31 No.4054  


  元同僚会 投稿者:katoh  
▲前 ▼次  
先々週、友人が2人訪ねてきてくれた。昨年は桃の開花期だったので猿投の桃園を見て貰いました。
今年は、稲武の岡田屋の温泉に連れて行ってあげようかな?と思ってましたが、2人が気を遣って、“大変だから近くの温泉でいいよ”ということで、絵本作家さんのかつての希望、浄心駅の近くにある●●温泉(名前が出てこない?多分“竜泉寺の湯?”)でノンビリしてきました。入泉料が500円、午前中であれば400円、こんなに安くていいの?と思うくらい 広くて 静かで(平日だったので人もまばら)、綺麗な 温泉でした。
湯船に浸かった後は、恒例の“食事会”、毎回、住職の河合さん(愛西市「西乗寺」(津島神社の近く)のおごりで、本人曰く“接待費だから全然気にしなくていいよ”ということですが、旭さんも私も貧乏人なのでいつもお言葉に甘えています。
そのお返しではありませんが、兄貴から貰った?お酒を何本かお渡ししてます。(きっとお寺さんの行事どきに地元の人達に振舞われている筈、「西乗寺」には2回ばかり旭さんとお伺いしたことがあります。)
今回は、なぜか「重力波」の話題でで盛り上がってしまいました。
旭雅昭さんはこの春、3冊目の本を出版されるとのこと。1作目の作品(幼児向けの絵本、大人が読んでも考えさせられる)は、河合さん曰く、全国版のお薦め本のベスト10に入っていたそうです。
しかし出版までには幾つかの障壁があって苦労されたようです。2作目は出版社が倒産しかけて 100万円近くを出費 等々、お金が掛かるんだなと思ってしまいました。

... 2016/02/27(Sat) 16:30 No.4053  

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note - / Edit (ver1.02) : けぃ